SIERA

(編集中) SIERAとはセイバーメトリクスで提唱されている2013年時点で最新の投手系指標。Skill-Interactive ERAの略。 三振、四球、ホームランだけを数値として取り上げるFIP?xFIP?と異なる部分は、他のゴロアウトやフライアウトを指標として取り入れているところである。


以下は、fangpraphsのSIERAの用語解説を抄訳してみたものです。

SIERAはプレイ中のアクションを無視していません。確実性の高いピッチャーがどのようにして成功し、ヒットや得点を防いでいるかを解明しようとしています。 SIERAの強みというものはxFIPよりもやや予言的なもので、ピッチングの「どのように」や「なぜ」を語っています。

SIERAの概念とは――

三振はいいものだ。FIPが提唱するよりもさらにいい。

三振の取れるピッチャーは打たれにくいということ、つまりヒットの確率(同時にBABIPも低くすることができます)、ホームランの確率を下げることができます。 これはスターターだけではなくリリーバーにもいえます。リリーバーは短い準備時間で試合に入り、きつい状況で投げなくてはなりません。

さらに三振の取れるピッチャーは、ダブルプレーの取れる状況であればゴロを打たせてダブルプレーを取りやすいという傾向があります。シチュエーションによって投げ分けられるという能力はピッチャーにとってゲームを支配する大きな要素であると言えます。

四球は悪い……が、多くなければそれほど悪いものでもない

打たれたボールは面倒なものだ

http://www.fangraphs.com/library/pitching/siera/